意外と知らない配車の流れ

電話でタクシーを呼ぶと「○分くらいでお伺います。」と案内があると思います。この案内をしているのがオペレーター。お客様とドライバーの間で配車までの架け橋をしています。実際ご自宅からタクシーを呼んだ場合、現場ではどのようなことをしているのか流れをご紹介します。

お客様がフジ交通へ電話をかけるとすぐにオペレーターが電話をとります。

お客様のお名前とご住所を伺います。
一度、ご利用頂いているお客様は、瞬時にパソコン上にデータが表示されます。初めてご利用頂くお客様は、お名前・ご住所等を伺います。 (写真はイメージです)


オペレーター室の画面にはタクシーの位置情報が表示されている。

オペレーター室には運行中のタクシーを管理するコンピューターがありリアルタイムでタクシーの位置情報が下記画面のように表示されています。(数字がタクシー、乗車中・空車・休憩など色分けされている)
パソコン上にお客様のデータが表示されると、自動的に最適車両が検索されますが、ベテランオペレーターによる経験で、より速やかに配車場所に到着できる車両を検索し、車両に指示します。

タクシー内のナビに行き先が表示

指示されたタクシーの車内ナビに現在地からの行き先が表示されます。(イメージ)

配車の手配完了

といった流れになります。
オペレーターはお客様を電話口でお待たせしない、要望に合わせて適切に対応する、タクシーの位置を的確に把握して最短のドライバーへ指示を出す、という迅速さと経験が必要です。
タクシーをご利用の際は御気軽にお電話下さい。